RU-WINのダイヤモンドについて

エンゲージリングのダイヤモンドについて

ラウンド・ブリリアント・カット

丸型で、クラウン側に33、パビリオン側に25、合計58のファセット(研磨された面)を持ったカットのことです。これがダイヤモンドの美しさを最大に引き出す形と言われ、 美しいことによりエンゲージリングでは、ラウンド・ブリリアント・カットが一般的に用いられます。

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドは、「4C」と呼ばれる頭文字がCで始まる4つの要素、Carat(カラット)、Color(カラー)、Clarity(クラリティー)、Cut(カット)によって評価され、ひとつひとつ異なる個性と美しさを持ち合わせています。


カラット重量(Carat weight)

カラット重量(略字ではct)は宝石の重さを表す単位。1カラットは0.2gで、精密な電子天秤を用いて少数第3位(1/100カラット)までを表す。

カラット重量

※図はあくまでもイメージを示したもので実際のダイヤモンドではカラット重量は異なる場合があります。


カラーの等級(Color grade)

一般に純粋無色なものをDとし、以下E、F、G、H、…………Zまで分類し、評価をする時はマスターストーンと呼ばれる色比較用のダイヤモンドを用いて微妙な黄色の色調の差異を判断する。

なお、Z以下のダイヤモンドやピンク、ブルー、パープル、グリーン、オレンジ等の色をもったファンシーカラーと呼ばれる様々な色調を帯びたダイヤモンドは、別の分類評価となる。

カラーの等級

※図はあくまでもイメージを示したもので実際のダイヤモンドのカラー等級とは異なります。


クラリティの等級(Clarity grade)

磨かれたダイヤモンドを専門家が10倍に拡大して検査し、インクルージョン(包有物)の有無、位置、大きさ、性質、数、色を総合的に判断してクラリティ(明澄度)の評価を行う。フローレス(FL)を最高に肉眼でインクルージョンが見えるI3まで11段階に分類する。

クラリティの等級

※図はあくまでもイメージを示したもので実際のダイヤモンドのクラリティ等級とは異なります。


カットの総合評価(Cut)

プロポーション(形)とフィニッシュ(仕上げ)を基に総合的に決定される。ダイヤモンドは、カットの良い物ほど美しく輝き、ダイヤ選びにもっとも重要なポイントになる。

カットの総合評価
【エクセレント】  【グッド】
【エクセレント】完全に反射する為、最高の輝きを放つ。【浅すぎる石】光が底部から漏れ、輝きが低下する。【深すぎる石】光が側面から漏れ、輝きが悪くなる。
エクセレント

エンゲージリングで使用するダイヤモンド

【ル・ウィン】のエンゲージリングに使用するダイヤモンドは、
見た目に一番美しいダイヤを厳選して使用しています。

エンゲージリングに一番使用されている大きさの0.3カラットで、
カラーグレードは無色透明なF、
クラリティーは肉眼では欠点の発見が困難なSI1。
ダイヤモンドの一番の魅力は輝きですので、プロポーション、対称性、研磨状態、全ての評価が最高の【トリプルエクセレント】を基本グレードとして使用しています。

※Chanson(シャンソン) Reve(レーヴ)に使用している
ハートシェイプダイヤモンドのみGカラー SI1UPとなります。

【例】
 0.304 E SI1 トリプルエクセレント
 0.302 F VS2 トリプルエクセレント
 0.306 F SI1 トリプルエクセレント


信頼の鑑定書付き

エンゲージリングに使用するダイヤモンドは、最も信頼のある中央宝石研究所の鑑定書をおつけしております。

トリプルエクセレント ダイヤモンド鑑定書 ハートシェイプ ダイヤモンド鑑定書

※ハートシェイプダイヤはカットがハートですのでカットの評価はございません。

ダイヤモンドスパークレポート

トリプルエクセレントダイヤモンドには、
ダイヤモンドスパークレポートが付きます。

>> ダイヤモンドスパークレポートとは